【悲報】ミュージックステーションが舐められる!?ビリー・アイリッシュ登場もネットでは「やる気出せ」の声も?

この記事は約7分で読めます。

2月19日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日)のVTRにロサンゼルス出身の歌手・作曲家のビリー・アイリッシュが出演するという情報で話題となりました。

しかし、前回の出演と同様、今回も手抜きパフォーマンスだと視聴者が激怒していました。

今回は「冬の恋うたスぺシャル」をテーマに、ゴージャスなアーティストたちが自慢の「恋うた」を披露します。

同時に、ビリーは日本で初めて新曲「Therefore I Am」を披露し、最初に視聴者に向けたメッセージを紹介していました。

パフォーマンスになると、ソファにギターの男とビリーの「あぐら」をかく姿が映し出されました。

彼女はそっと歌い、彼女の外見は薄目を開けた目覚めたばかりのようでした。

結局、彼女は最後まで気の抜けたパフォーマンスで歌い続けました。

もともとスローテンポな楽曲ではあるが、ビリーのやる気がなさそうなパフォーマンスに視聴者は唖然としたようです

Search

ミュージックステーションでのビリーアイリッシュのパフォーマンスに対しての反応

「ビリーは去年の12月にミュージックステーションに出演しました。

今回と同じように、彼女はソファに座って楽曲を披露しており、ネット上では「腹から声出せ」と批判されたていました。

前回も今回も〝同じ衣装〟〝同じソファー〟でのパフォーマンスだったため。事前に2本撮ていたと思われています。

〝日本を舐めてる〟と批判されたビリーアイリッシュですが決して舐めた態度ではないという声もたくさんあります。もしかしたら日本の音楽文化に一石投じるためにミュージックステーションに出演しパフォーマンスを行ったのかもしれませんね。

ビリーアイリッシュのMステパフォーマンスに対して好意的な意見

日本人と外国人の感性はやはり違いますので、雰囲気やしぐさが舐めていると感じた方々が声を上げておりそれがビリーアイリッシュは日本を舐めているという情報が拡散して今回のようになりましたが、それでも好意的な意見も多いですので今回のMステーション出演によって、日本のビリーアイリッシュのファンは更に増えたのではないでしょうか?

Mステでは以前タトゥーのドタキャン騒ぎで多くの日本人が衝撃を受けたこともあり一定数外国人アーティストの態度に目が行くのかもしれませんね。

女性デュオ「t.A.T.u.」の今 ドタキャンから10年

10年前、日本でも大人気を誇りながら「ドタキャン」事件によって一気に音楽シーンから消え去ったロシア人の女性デュオ「タトゥー」。あのときいったい何があったのか。2人は真相を語り、日本での「復帰」を夢見ている。

https://www..com/watch?v=xs8Jz16EAz4

ビリーアイリッシュ

ビリー・アイリッシュ・パイレート・ベアード・オコンネル(英語: Billie Eilish Pirate Baird O’Connell、[ˈaɪliʃ]、2001年12月18日 – )は、アメリカ合衆国の女性シンガーソングライターである。2015年にSoundCloudに楽曲「Ocean Eyes(英語版)」をアップロードしたことがきっかけで注目を集める。同曲はレコード・レーベル、インタースコープ・レコードの子会社、Darkroomの目に留まり、同社からリリースされた。「Ocean Eyes」は、彼女の兄であるフィニアス・オコネルが作詞・プロデュースを担当。

2017年8月11日にEP「Don’t Smile at Me」をリリース。EPがアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアでトップ15を果たし、シングル「Bellyache」もリリースされる。EPの商業的成功に次ぎ、2017年の9月にはApple Musicの「Up Next」と呼ばれる新人アーティストの支援プログラムに選ばれた。また、アメリカ人シンガーのカリードとのコラボで2018年4月にシングルの「lovely」をリリースし、同曲はNetflixで配信されている『13の理由』セカンド・シーズンのサウンドトラックになった。2019年3月29日には、デビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』がリリースされ、批評家たちからも絶賛されている。 アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアでは1位を獲得した。シングルカットされた「when the party’s over」と「bury a friend」がアメリカでトップ15になり、「bad guy」はアメリカ、カナダ、オーストラリアで1位を獲得。

アメリカレコード協会(RIAA)からゴールド7個とプラチナム2個を獲得。

2020年1月26日に開催された第62回グラミー賞で、主要4部門を含む合計5部門を受賞。主要部門の独占は39年ぶり史上2度目、女性として初、かつ史上最年少の記録となった。音楽制作などは、作曲家・音楽プロデューサーでもある実兄フィニアス・オコネル共同作業を行っている。

2020年8月19日に開催された民主党全国党大会に映像で登場、最新シングル「My Future」を初披露した。スピーチの中で、「ドナルド・トランプは私たちの国、私たちが大切にしているものをすべて壊している。私たちには気候変動や新型コロナウイルス感染症の問題を否定するのではなく、それらを解決するリーダーが必要」「黙っていてはダメ。傍から見ているのもダメ。私たちの人生が、この投票で変わると思って」と呼びかけた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

コメント 記事に関するご意見・ご感想・ご質問などお気軽にどうぞ!※メールアドレスは非公開です

タイトルとURLをコピーしました