映画 名探偵ピカチュウの動画視聴サービスまとめ

この記事は約4分で読めます。

ポケモンは私の幼少期に発売されて今では知らない人が居ない人気ゲームになりました。

今ではリアルの世界に溶け込み実際にポケモンセンターがオープンしたり現実世界でポケモンを楽しむことができるポケモンGOも人気のコンテンツですよね?

さてそんなポケモンですが、今ではゲームだけにとどまらずアニメや映画にもなっています。

今まではアニメ映画のみでしたが、映画”名探偵ピカチュウ”はCGを使った実写映画になります。

ポケモン好きの私としては迷わず映画館に行ったのですが、これは正解でした。

いわゆるアニメを実写にしちゃったことで感じるコレジャナイ感は無くリアルにポケモンと過ごせたらこんな日常なんだろうなぁというワクワクした気持ちにさせてくれます。

今回は 映画”名探偵ピカチュウ を動画視聴できるサービスをまとめました。

映画 名探偵ピカチュウ

映画「名探偵ピカチュウ」公式サイト
"ピカチュウ"がハリウッドで初の実写映画化!見た目はカワイイけど・・・中身は"おっさん"!?全世界待望の感電超大作 !まだ誰も見たことのないピカチュウの物語が幕を開ける! #名探偵ピカチュウ

名探偵ピカチュウ』(Pokémon Detective Pikachu)は、同名のビデオゲームを原作としたロブ・レターマン監督によるアクション・ミステリ映画である。

概要

  • 『ポケットモンスター』シリーズを基にした初のハリウッド進出作品であり、実写映画。ピカチュウの声をライアン・レイノルズが務める他、ジャスティス・スミス、キャスリン・ニュートン、渡辺謙、ビル・ナイが実写のキャラクターを演じる。
  • 米国では2019年5月10日に封切られる。日本では2019年5月3日に先行公開された。
  • 上映劇場で販売される初版限定版(LIMITED EDITION)のパンフレットには「名探偵ピカチュウ」のポケモンカード(プロモカード)がついている。
  • 『劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ』以降のポケモン映画は米国ではテレビ放送でしか公開されていなかったが、本作は2003年に北米で劇場で公開された『劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス』以来16年ぶりに、米国で劇場公開されたポケモン映画となった。

ストーリー

21歳のティムは、長い間会っていなかった父ハリーが事故で亡くなったという連絡を受け、人間とポケモンが共存する街・ライムシティを訪れた。探偵業を営んでいたハリーの部屋で、ティムは1匹のピカチュウと出会う。

なぜかティムにはそのピカチュウの声が成人男性のものに聞こえ、話す内容も理解することができた。ピカチュウは自らが記憶喪失であることを明かし、自分はハリーのパートナーだったはずであること、自分が生きているのだからハリーも生きているに違いないことをティムに訴える。

ティムとピカチュウは、新米記者ルーシーの協力のもと、ハリーが事故の前に追っていた謎の薬品を巡る事件について調べ始める。

今作で注目名なのはピカチュウの声です。

何度もニュースで紹介されていたのでご存じの方が多いとは思いますが、今作ではピカチュウの声が特徴的ですよね?

あまり言ってしまってはつまらないと思いますのでよかったら予告を見てみてください。

映画「名探偵ピカチュウ」世界最速公開

映画 名探偵ピカチュウ の動画視聴サービスまとめ

映画”名探偵ピカチュウ” の動画視聴が可能なサービスとしましては

U-NEXTAmazon【フジテレビオンデマンド】

があります。

U-NEXT

Amazon

FODプレミアム

映画 名探偵ピカチュウの動画視聴サービスまとめ 最後に

いかがでしたでしょうか?

ポケモンが好きな方もあまり知らない方も万人が楽しむことができるミステリーエンターテイメント映画となっております。

[ani color=#ff8c8a sec=3]映画”名探偵ピカチュウ” の動画視聴が可能なサービスとしましては

U-NEXTAmazon【フジテレビオンデマンド】 があります。

映画館で見過ごしてしまった方は配信が始まりましたので是非名探偵ピカチュウを見てみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

このページが気に入っていただけましたらフォローとシェアお願いいたします。

コメント

プロフィール

シュン@pgfrat

高校卒業後に製菓学校に進学し製菓関連の国家資格を取得する。
専門学校卒業後に個人の洋菓子店やレストランなどで洋菓子や料理に携わるが、ブラックな勤務体制により絶望と脱獄、転職を繰り返してニートやフリーターを数年経験。

サラリーマンとして再起を図るものの、リーマンショックにより正社員にも関わらずリストラされてまたもやニート生活に堕ちる。
その後は奇跡的に大手家電量販店に転職し、接客販売業に従事。
数年間満足した生活を送ったが、夢を見たくて再度ホテルとレストランで修行を開始。

数年で身体を壊して為飲食業自体をリタイアしまたもやニートになりながらも何かしらの正社員にならないとマズイなと思う。
その後転職活動を営業、事務、などのデスクワーク中心の業種に絞り転職活動を行う。

今から営業は無理だと思いIT業界を目指して勉強を開始し転職を成功させて現在に至る。

現在はエンジニアとしてシステムエンジニアとして上流工程から下流工程まで浅く広く。

趣味は料理、it関連、音楽、映画、ゲーム、レジャー、ガジェット、ダーツなど

定期的にmoriblogを更新しておりますので読んでいただけたら幸いです。

シュン@pgfratをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました