YouTubeチャンネルはこちら!

カメラ初心者がミラーレス一眼を買ったのでディズニーランドで写真を撮ってみる

この記事は約14分で読めます。

カメラ買うとお出かけが楽しくなりますね。レンズの種類があんなにたくさんあるものよくわかります。カメラハマりだすと沼ですねこれは。

私はライトユーザーなので、現状は通常のレンズと接写レンズで満足はしています。

今回はディズニーランドで一眼カメラを使ってどれくらいの写真が撮れるのか試し撮りしてみました。

この時点ではカメラのフィルターの使い方などわかっていませんでしたので、全く加工していないそのままの画像になります。

ディズニーランドをミラーレス一眼で写真撮影

ワールドバザール

ヴィクトリア時代の優美な建物が軒を連ねるストリート。ウォルトが生まれ育った20世紀初頭の古き良き時代のアメリカが、あなたを優しく迎えます。アンティークなゲームに、どこか懐かしいショップやレストラン。さてどこからのぞいてみますか?

Disney.jp

概要

パークの玄関口となるエリア名は他のディズニーランド型パークでは「メインストリートUSA」という名称になっており、TDLでは名称が異なっているが、ともに同じデザインコンセプトで作られているため、外観上の違いはほとんどない。

メインストリートUSAでは青空の下にあるのに対し、ワールドバザールは屋根で覆われている。これはカリフォルニアとフロリダでは年間を通してほとんど雨が降らないことと、日本の天候との違いによるものである。

また、これによって、青空の下で「アトモスフィア・エンターテイメント」と呼ばれるようなアメリカ特有の陽気な歌と踊りが始まると、メインストリートUSAは野外ステージにと変わる。観客も足を停めて一緒に踊ったり歌ったりと楽しむ陽気で開放的な「溜まり場」の雰囲気を演出している。一方、ワールドバザールは両側に立ち並ぶ商店街を見て回るショッピング街のイメージが強い。ジャーナリストの野口恒はこれを屋根の有無よりはアメリカと日本の国民性の違いでなかろうかと推測している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

まずはワールドバザール。クリスマス前の時期はリースがたくさん飾られていてかわいいですよね。

大きなツリーもワールドバザール内にそびえたっていました。昼間でもキラキラしてて綺麗ですね。

ツリーの根元になります。ベルがワンポイントでかわいらしいですね。デザインが計算されています。

こちらも同じくツリーの下になります。バイオレットのベルにピントを合わせてポートレートで背景がぼけています。これはレンズによる効果になりますので、付属でついてきたポートレート用のレンズを使って撮影しています。

上二枚の写真はミッキーにピントを合わせてポートレートで撮影しています。

以下夜のワールドバザールになります。

夜は時間になるとワールドバザール一帯がプロジェクションマッピングできれいに光るのですが、残念なことにカメラの電池が切れてしまい撮影できないという事態に!長時間カメラを使うようでしたらモバイルバッテリーがあるといいかもしれません。

ここからはマニアックなスポットでの写真になります。

カリブの海賊

カリブの海賊は、ウォルト・ディズニー自身が設計に携わった最後のアトラクションであり、ウォルトの死から3ヶ月後にディズニーランドで初めて公開された。ディズニーランドでは、ニューオリンズスクエアに所在する。アトラクションは、ゲストがバトーと呼ばれるボード型のフロート式ライドに乗り、オーディオアニマトロニクス技術を駆使して造られた海賊、市民、動物、骸骨、などで再現されたカリブ海の海賊の抗争と失われた財宝を巡る冒険を体験する。テーマ曲は、ジョージ・ブランズとX・アテンシオ作曲の「ヨー・ホー〜パイレーツ・ライフ・フォー・ミー〜」で、上海ディズニーランド版以外ではこの曲をアトラクションで聞くことが出来る。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カリブの海賊のライトが好きで結構マニアックな写真を撮りました。

ライトにピントを合わせてポートレート写真を撮りました。

海賊ではない一般人達が住む世界です。

イッツ・ア・スモールワールド

イッツ・ア・スモールワールドは、リニューアルしてから何回か行きましたが、やはりディズニーに来たら行きたくなりますよね。

このアトラクションは、創業者のウォルト・ディズニーの理念、理想を表した、まさにディズニーランドを代表するアトラクションであり、かつ世界的にもとても有名なアトラクションである。

中でもアトラクションのテーマソングである「小さな世界」は、分かりやすい歌詞、メロディーにより世界中で親しまれている。ニューヨーク世界博覧会にユニセフからの依頼により最初に作られてから50年の時を経て今もなお、子供から大人まで幅広い世代に人気のあるアトラクションであり、楽曲「it’s a small world」とアトラクションのテーマ・コンセプトは世代を超えても通じる力を持っていると言える。

「小さな世界」の“世界は一つ”という歌詞からもわかるとおり、戦争のない平和な世界をテーマにしたアトラクションであり、アトラクション内には様々な少年少女のオーディオアニマトロニクスが登場する。アトラクションに大人が登場しないのは、後述する成り立ちにもあるように「平和な世界」=「子供の世界(子供が築くコミュニティー)」であるというウォルト・ディズニーのテーマ設計が理由である。

内容はボートに乗り世界各国を旅するという内容であるが、各パークごとに一部の構成が異なっており、それぞれ自国のセクションがメインに置かれている(東京ディズニーランドであれば日本、ディズニーランド・パリであればフランス、など)。なお、最後のクライマックスでは白い衣装を身にまとった少年少女たちが自国の言葉で「小さな世界」を歌い上げるという演出は統一されている。

アトラクションの外観はほとんどのパークで同じような作りになっており、世界の有名な建築物がデフォルメされているが、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにあるマジック・キングダムのみ他のパークと外観が異なっており、ファンタジーランドの風景に溶け込んだ造りとなっている為、とても小ぢんまりとした作りになっている。

登場するディズニーキャラクター

リニューアルを経て、現在各施設にて特定の国に縁のある以下のディズニーキャラクターが設置されている。それぞれのディズニーパークにより、キャラクターは異なる。

2019年現在、キャラクターが登場するのはカリフォルニア、東京、香港版で、フロリダ版とパリ版にはキャラクターは登場していない。

バンビ、とんすけ -『バンビ』

マリー – 『おしゃれキャット』

シンデレラ、ジャック、ガス – 『シンデレラ』

ピーター・パン、ウェンディ、ティンカーベル – 『ピーター・パン』

ピノキオ、ジミニー・クリケット – 『ピノキオ』

アラジン、ジャスミン、空飛ぶ絨毯、アブー、ジーニー – 『アラジン』

シンバ、ティモン、プンバァ、ムファサ – 『ライオン・キング』

ドナルドダック、ホセ・キャリオカ、パンチート – 『三人の騎士』

ウッディ、ジェシー、ブルズアイ – 『トイ・ストーリー2』

ポカホンタス、ミーコ、フリット -『ポカホンタス 』

モーグリ、バルー – 『ジャングル・ブック』

ムーラン、ムーシュー、クリキー – 『ムーラン』

アリエル、フランダー、アティーナ、アドリーナ – 『リトル・マーメイド』

ニモ、マーリン、ドリー、ピーチ -『ファインディング・ニモ』

リロ、スティッチ – 『リロ・アンド・スティッチ』

アリス、ホワイト・ラビット – 『ふしぎの国のアリス』

アナ、エルサ、オラフ – 『アナと雪の女王』

メリダ、子グマ – 『メリダとおそろしの森』

ラプンツェル、パスカル – 『塔の上のラプンツェル』

ヘラクレス、ペガサス – 『ヘラクレス』

モアナ、プア、ヘイヘイ – 『モアナと伝説の海』

イッツ・ア・スモールワールドは広くてきれいに撮るのが難しかったです。レンズがポートレート用だったために距離がある被写体に対してはいい写真を撮るのが難しそうです。

ハングリーベア・レストラン

みんな大好きハウスのカレーが食べれるお店です。自分の好きなレストランの一つです。

東京ディズニーランド (TDL) のハングリーベア・レストランは、様々なカレーライスを取り扱っているカレー専門店である。カレーには通常サイズと大盛りサイズがあり、それぞれ甘口、中辛の中から選択できる。

以前は、隣接していたレストラン「マイルロングバー」の座席と共用されていた(「マイルロングバー」は「ハングリーベア・レストラン」のカウンターから見て右に隣接していた)。その後2010年1月に「マイルロングバー」が閉鎖され、2011年のリニューアルオープンにより、店舗面積が拡大した。

通常は、レストランの出入り口は開放されているが、混雑時などには入口専用口と出口専用口に分けられることがある。また、場合によってはレストランの外まで長蛇の列が発生することもある。

なお、マイルロングバーが営業していた頃は、ハングリーベア・レストランが入店規制をしている場合でも、マイルロングバーの利用者はそのまま入店することが出来た。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ディズニーランド (DL) のハングリーベア・レストランは、ハンバーガーやサンドイッチを中心に取り扱うレストランである(後述のTDLのようにカレーは扱っていない)。フライドチキンサンドイッチ、フライドグリーントマトサンドイッチ、チリチーズバーガーといったハンバーガー・サンドイッチ類のほか、フレンチフライやオニオンリングといったスナック類、サラダやデザートも取りそろえている。

店内からは、蒸気船マークトウェイン号や、帆船コロンビア号、デビークロケットのカヌー探険の様子をのぞむことができる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

メニュー

下記のメニューは2019年5月現在。各種カレーの大盛りは150円増である。

  • ポークカツカレー(980円)
  • ローストベジタブルカレー(860円)
  • チキンカレー(780円)
  • ハングリーベア・カレー(1,280円)※ラージサイズのみ
  • リトルハングリーベア・カレー(600円)※スーベニアプレート付きは1,530円
  • カップサラダ(350円)
  • ライス(220円)
  • とんがりコーン(210円)
  • ミルク(190円)
  • ドリンク各種(290円より)

このレストランで売られているカレーは、スポンサーであるハウス食品にオリジナルのカレールーを別注している。

店舗面積の拡大について、以前はホテル内だけの営業であったが、理髪店と保安官事務所の跡地を購入したというバックグラウンドストーリーがある。そのため、拡張された部分については理髪店や保安官事務所として使われていた時代の名残がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今年のクリスマス時期限定メニューはハンバーグ&エッグのハッシュドビーフでした。

いつもカレーしか食べていませんがハッシュドビーフって珍しいですよね。

クリスマス限定ということでしたのでせっかくですのでランチでいただきました。

上がハッシュドビーフで下がチキンカレーになります。ポートレートのレンズを使っていますので料理も際立ちますね。

チキルーム

チキルームもリニューアルしていますが、個人的には昔のチキルームのテーマソングが好きです。

今の若い人は知らないかもしれませんが、最近では夜のシンデレラ城のプロジェクションマッピングのショーで一瞬流れました。

結構マニアックですよねw

チキチキチキチキチキッルームを知らない方は是非聴いてみてください。

【4K 新ナイトタイムスペクタキュラー】Celebrate! Tokyo Disneyland 2018.7.16 1回目公演

チキルームもかなりマニアックな写真を撮ってしましまいました。チキルームの待合室の植物はいつ見てもきれいです。見逃しがちですが、きれいな写真を撮れるスポットじゃないかな~と個人的には思います。

スターツアーズ

スター・ツアーズ (Star Tours)は、ディズニーパークにかつて存在したフライトシミュレータ型アトラクションの一つ。映画『スター・ウォーズ・シリーズ』(旧三部作)を元にしている。2010年以降に順次リニューアルが実施され、現在は「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」として運営されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

このアトラクションは、画面の動きに合わせてライドが上下左右に動くことによって、実際に飛んでいるかのような感覚になることができるレディフュージョン社製のフライトシミュレーターを応用させたアトラクションである。

映画『スター・ウォーズ・シリーズ』の旧3部作がベースとなっており、アトラクション中にも同映画に登場した惑星や機体が多数登場する。搭乗待機中にアトラクション内で流されている映像の一部には映画から流用されたものもある。ただし、アトラクション本編の映像はカットの入らないワンカットの主観映像であるため映画からの流用はなく、全て本アトラクションのための完全な撮り下ろしである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ストーリー

時代は、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の後。帝国軍の残党と新共和国軍との紛争は完全には終結していないものの、概ね平和な時代となっていた。星間旅行会社「スター・ツアーズ社」は「エキゾチックなエンドアの聖なる月へのツアー」を企画した。

ゲストは、このエンドアへのツアーに参加する。搭乗口までの通路では、フライトに使用される宇宙船「スタースピーダー3000」と同型の機体や、機材の整備作業に明け暮れるドロイドたちの姿を見ることができる。その中には、第3デス・スター攻撃作戦に先立ってトラブルを避けるため、ハン・ソロ将軍の提案でスター・ツアーズ社に貸し出されていたC-3POやR2-D2の姿もあった。

ゲストが搭乗したスタースピーダー3000のパイロットはRX-24(通称「キャプテン・レックス」)、ナビゲーターはR2-D2。銀河系条例で定められているシートベルトの装着確認が済むと、いよいよエンドアへ向けてスタースピーダー3000が出発する。しかし、スタースピーダー3000は宇宙港内で間違ったレーンへと進み、ドアを突き破り、危うく壁に激突しそうになる。その後も、目的地である惑星エンドアの聖なる月を通り過ぎたり、彗星の内部へと突入したりとトラブル続き。

R2-D2が自分も戦闘に加わるためにワープ座標を変更したため、とうとう帝国軍の残党と新共和国軍との戦闘宙域に迷い込み、帝国のスター・デストロイヤーのトラクター・ビームに拿捕されてしまうが、新共和国軍の攻撃によって辛くもトラクター・ビームから逃れる事に成功。この宙域では、目下建造中の第3デス・スターへの攻撃が今まさに始まろうとしていた。新共和国軍のXウイング戦闘中隊長の伝えたコールサイン「RED-24」をRX-24と聞き間違えたため、Xウイングに続いてキャプテン・レックスの操縦するスタースピーダー3000も第3デススターのトレンチへと進入。レックスの援護射撃を受けたXウイングは排熱ダクトにプロトン魚雷を発射した後、撤退。第3デス・スターは崩壊したのであった。

スタースピーダー3000は何とか無事に宇宙港へ帰着するも、キャプテン・レックスは、またもや壁に衝突する寸前でスタースピーダー3000を停止させる。「全て予定通り」とうそぶくキャプテン・レックスがシャッターの影に消えて行き、何が起こったか知らないC-3POが旅行者たちへねぎらいの言葉をかけると下船の扉が開く。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スターウォーズが好きな私としては最高のアトラクションなのですが、奥さんは酔ってしまうらしく一緒に乗ってくれませんでした。

スターウォーズのシーンをそのまま使っているのかと思いきや使いまわしは一切ないんですって!一回一回パターンが変わるのでスターウォーズファンであれば何回も乗りたくなりますよね。

リニューアルされて今のスタイルになったのですが、リニューアル前は宇宙飛行士の毛利さんがアトラクション待っている間にモニターに出てきていたんですよね。

リニューアル前はそこまで混んでいるアトラクションではなかったのですがリニューアルしてからは40分待ちとかになっていました。

12月20日から最後のスターウォーズ スカイウォーカーの夜明け が公開しますのでこの後リニューアル後の時のように人気アトラクションになるかもしれません。

この日は平日ということもあり5分待ちで行けました。

すいすい行けてしまうので後ろの方の迷惑になってしまう為、ゆっくり写真を撮る暇がありませんでした。

いつかBB8も登場してくれることを願っています。

カメラ初心者がミラーレス一眼を買ったのでディズニーランドで写真を撮ってみる 最後に

いかがでしたでしょうか?

カメラを買うと出かける際の楽しみも増えると思いませんか?

行きなれたディズニーランドでも、普段見ないところを注目してみると新しい発見が見つかります。

以下の写真はどこの写真かわかりますか?

ディズニーランドに詳しい皆さんならどこの写真なのかもうお分かりですね?

今回使用したカメラはパナソニックのミラーレス一眼になります。興味がある方は参考にしてください。

ホーンテッドマンションの謎が知りたい方はご覧ください。

このページが気に入っていただけましたらフォローとシェアお願いいたします。

コメント

プロフィール

シュン@pgfrat

高校卒業後に製菓学校に進学し製菓関連の国家資格を取得する。
専門学校卒業後に個人の洋菓子店やレストランなどで洋菓子や料理に携わるが、ブラックな勤務体制により絶望と脱獄、転職を繰り返してニートやフリーターを数年経験。

サラリーマンとして再起を図るものの、リーマンショックにより正社員にも関わらずリストラされてまたもやニート生活に堕ちる。
その後は奇跡的に大手家電量販店に転職し、接客販売業に従事。
数年間満足した生活を送ったが、夢を見たくて再度ホテルとレストランで修行を開始。

数年で身体を壊して為飲食業自体をリタイアしまたもやニートになりながらも何かしらの正社員にならないとマズイなと思う。
その後転職活動を営業、事務、などのデスクワーク中心の業種に絞り転職活動を行う。

今から営業は無理だと思いIT業界を目指して勉強を開始し転職を成功させて現在に至る。

現在はエンジニアとしてシステムエンジニアとして上流工程から下流工程まで浅く広く。

趣味は料理、it関連、音楽、映画、ゲーム、レジャー、ガジェット、ダーツなど

定期的にmoriblogを更新しておりますので読んでいただけたら幸いです。

シュン@pgfratをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました