WEBサイト構築検討の方はこちら!

【フロントエンドエンジニアとはどんな職業!?】フロントエンドエンジニアの必要スキル・年収を徹底調査!

この記事は約17分で読めます。

・WEB系のフロントエンドエンジニアは良いって知り合いのIT業界の人が言ってたけど、どんな職業だろう?

・フロントエンドエンジニアがいい理由はなんだろう?

・WEB系のエンジニアになるにはどうすればいいのかな?

こんな疑問についてこの記事では解説をしていきます。

IT業界プログラマやシステムエンジニアなどの職業が有名ですが、これらの職業の他にも様々な種類のエンジニアが存在します。

それぞれのエンジニアは担当する業務範囲が異なりますので、当然必要スキルや経験なども違いますし、報酬やスキルアップ後のキャリアにつきましても異なります。

漠然と

と考えるより、どの分野で活躍するエンジニアを目指すのかを把握くすることにより将来のキャリアが良い方向へと向かうはずです。

この記事ではWEB系のエンジニアであるフロントエンドエンジニアについて解説しておりますので、WEB系のエンジニアに興味がある方は読みすすめていただけましたら幸いです。

この記事にお勧めの方は・・・
  • フロントエンジニアってどんなエンジニア?
  • フロントエンジニアに必要なスキルってあるのかな?
  • フロントエンジニアに転職したい
  • フロントエンジニアの年収は?

フロントエンドエンジニア とは

フロントエンドエンジニアについて知るのであればフロントエンドという言葉も知っておくべきでしょう。

フロントエンドとは

「前部の」という意味で、WebサイトがサーバーからHTMLというファイルを取得して、ユーザーに向けて表示する部分を指す。

画面がインターネット上で表示される領域がフロントエンドと呼ばれこれらはショッピングサイトなどのページの表示でも使われる技術になります。

ショッピングサイト以外にも、WEBアプリケーションの管理画面などにも関わるフロントエンドは、ユーザーやWEBアプリケーション管理者にとって最も身近で、見た目や使い勝手の差が表れやすい部分であるだけに、デザインやボタンの配置場所だけでも使いやすくも使いづらくもなったりします。

フロントエンドエンジニアは

フロントエンドの技術に関わるエンジニアであり、ユーザーや管理者が使いやすいUIを作る仕事

ということになります。

フロントエンドエンジニアは以前であれば、

と分業されていましたが、

現在は上記の仕事を統合されて、

フロントエンドエンジニアとして仕事されるケースが多ようです。

使いやすいWebサイト作りのために総合的に力を発揮する人材が、フロントエンドエンジニアと呼ばれます

フロントエンドエンジニアは女性が多い?

フロントエンドエンジニアWEB業界のエンジニアという分類になりまして、デザインや、ユーザーの使い勝手の良いページを作ることが求められることから女性のエンジニアの方が多いです。

理由としてはWEBサイトでは、ECショッピングサイトなどの画面部分が

  • 女性ならではのデザインセンス
  • 女性ならではの感性
  • 女性ならではの繊細さ
  • 女性ならではの色彩能力

が必要と考えている企業も多いです。

もちろん男性もフロントエンドエンジニアをやられる方もいますが、男性の場合はjavascriptphpプログラミングを求められることが多いかもしれません。



WEBの業界で女性が活躍する職種としては、

WEBデザイナーという職種があります。

WEBデザイナーについては以下の記事を確認して下さい。

フロントエンドエンジニアのスキル

女性

フロントエンドエンジニアの必要なスキルは多岐にわたります。WEB系の分業であった職業を総合してフロントエンドエンジニアとしている為画面の表示だけではなくプログラミングも学ぶ必要があるでしょう。

SEOを学びマーケティングの知識も求められることがあります。

フロントエンドエンジニア

上記の職種の総合職ということは先ほど触れました。それぞれの仕事については以下となります。

Webコーダー

WebコーダーWebのデザインを人間が視認するためにHTMLという言語でコードを書く仕事です。

HTMLでクライアントで「頼まれた通りにサイトの見た目を作る」のが仕事であり、クライアントの依頼通り忠実に再現する役割です。

マークアップエンジニア

マークアップエンジニアサイトのデザインとユーザーの使いやすさのバランスを考え、

デザインを仕上げていく仕事です。

Javascriptプログラム言語HTMLに動きを加えたり、アコーディオン式のメニュー等のユーザーにとって便利な機能を追加したりするのも、マークアップエンジニアの役割です。

WEBサイトへのアクセス数を増やすためには、SEOという考え方が必要になりますが、SEOを考慮したコーディングをを行っていくことも重要な仕事になります。

Javascriptプログラマ

WEBの技術を使って、ときにはJavascriptPHPを使ってプログラミングを行い、時にはサーバーサイドのバックエンドエンジニアと協力して活躍するプログラマーになります。

Webコーダーもマークアップエンジニアも、ユーザーにとって使いやすいサイト作りを目的とする仕事でJavascriptプログラマは機能面やデザインに関わるサイト作りを行う仕事となります。

フロントエンドエンジニア

上記でご紹介した職業はの作業範囲が限られていましたが現在では総合してフロントエンドエンジニアと呼ばれるケースが多いです。

フロントエンドエンジニアは、システムの使用者の利用しやすさを追求する上でHTMLだけやればいいというわけではなく、マルチな力が求められるということがお判りいただけたと思います。

フロントエンドエンジニアはやりがいもありますし、コーダーなどに比べても年収は高く提示される傾向があります。

ユーザーフレンドリーな設計スキル

デザイン

Webサイトを構築する上で、単に情報を画面上に表示できていれればいいのであれば、

最低限HTMLさえ書ければ実現可能です。

しかしHTMLだけではボタンも表示されず、サーバーとの連携もできないのでただの文字表示画面でしかありません。

現在のインターネットで表示されるページは、ユーザーの使い勝手を考慮した上で、ヘルプや仕様書を読む必要がなく、直感的にユーザーが操作できるようにボタンの表示や、見慣れたアイコンの表示など、

ユーザーが使い方を考えずとも操作を可能にするサイトデザイン、(UI)

になっていることがほとんどです。

また、

Webサイトを閲覧・利用する上で快適に使うことができる、(UX)の観点

も必要になります。

上記を考慮したUI/UXの設計スキルは簡単に身につくものではありません。

さまざまなWEBサイトを見て研究し、流行りや競合他社の調査を行い、トレンドやニーズを摸索し続ける必要があります。たとえば、最近ではアンドロイドやiPhoneなどのモバイルアプリケーションに似たデザインなども、WEBサイトでよく見かけるようになりました。

ユーザーが直感的に操作しやすいデザインで求めている情報にたどり着きやすいページ構成やデザインになっているのか

ということを考慮した際に現代では、スマートフォンで閲覧される事が大多数を占めるため、上記のようにモバイルアプリケーションにデザインを合わせる戦略をとっています。

ユーザービリティに関しては、「これが正解」というものはなく、流行に会ったデザインや使い勝手を、自ら考え研究する必要もあり奥が深いです。

PHPやJavaなどサーバーサイド言語の知識

本

サーバーサイドの知識というと、フロントエンドエンジニアには関係ないと思われがちですが、フロントエンドエンジニアは先ほど触れたとおりサーバーサイド側のエンジニアと協力する場面もありますのでサーバーに関する知識も持っておくことは大事です。

現代のWebサービスではサーバーを使わないことは無い。

ということは常識となります。

場合によってはサーバーレスなサービスを使って構築しているシステムもあるかもしれませんが、AWS lambdaなどのサービスを使ったとしてもapiサーバーの知識は必要であり俺らのサービスもメンテナンスはAWSなどの事業者が行いますが、事業者のサーバーで構築されています。

例えばサーバーフロント側の連携では、

  • 会員登録してIDとパスワードでログイン処理を行う
  • ECサイトで買い物かごに入れたり購入処理を行う
  • 投稿する
  • いいね!やお気に入り登録をする
  • サービスの予約をする

上記のような現代のWEBサービスで当たり前に行われていることが、サーバーとの連携を介して実現されています。

サーバーデータベースとの連携としては

  • ユーザーから何らかの情報を受け取る
  • 受け取った情報やデータはデータベースに連携
  • データベースはデータを保存、更新、削除を行う
  • データベースのデータを画面に表示する


上記のようにサーバーの連携によってWEBサービスは成り立つのです。

そのためフロントエンドエンジニアは、Webサイト全体のユーザビリティを考慮する必要がありますから、フロントサイドだけを見ていればよい、というわけにはいきません。

サーバーサイドも含めた全体を見て開発を進めるためにも、

PHPJavaといったサーバーサイド言語の知識を持っておくと、更に年収が上がるでしょう。

WordPressなどCMSに関する知識・スキル

本

Webのシステムに限らずIT業界では作って納品すれば完了ではなく、その後の運用や保守を考慮しておく必要があります。

会社によっては運用保守を他の会社に委託することもあると思いますが、IT業界のセオリーとしては

  • 構築後にテストを行う
  • テストが合格したらお客様に納品
  • 運用・保守フェーズ

という流れになります。

自社で運用保守を行わないとしても保守会社への引き継ぎは必要になりますので、システムの構成に関わるドキュメントや保守の引き継ぎ資料を成果物として、お客様に納品する必要があります。

システムには保守は必ず存在しますので

定期的に更新したり編集したりといったことが想定されている場合であれば、作業がしやすい構成にしておくべきです。

Webの専門知識がない人でもコンテンツを修正できるよう、CMSと呼ばれるツール上でWebサイトを構築してほしいという要望をもらうこともあります

フロントエンドエンジニアであればCMSに関する知識・スキルは必須になります。

代表的なCMSの1つにWordPressがあります。
皆さんが閲覧されているこのページも WordPress で私が作っています。

WordPressの機能や扱い方がわかっていれば、見栄えの良いWebサイトを短期間で制作できますし、もし自分が運用に関わる際も情報はインターネット上に転がっており、ある程度スキルがあれば修正やカスタマイズも容易です。

フロントエンドエンジニアにとっては、WordPress 等のCMSを使うことにより、サイトごとに異なる対応をしなくてはならない部分が減り、作業の効率が高めることができます。

SEOに関する知識とスキル

SEO

完成したWebサイトがどのぐらいお客さんに見てもらえるものになるかは、コンテンツの質やWebサイトの設計や、コーディングによって左右されている部分があります。

特にGoogleなどの検索エンジンから検索されて訪問されてアクセスを得られるかは、サービスを提供する運営側としては、お客様を獲得していくためにも非常に重要なところです。

上記の考えはSEOと呼ばれており、SEOはマーケティングの知識・スキルと言えます。


検索エンジンで上位に検索結果を表示させるために様々な方法を行いますが、まずやっておくべきことはSEOにおいて不利になるペナルティや作法を避けることも重要になります。

世の中にはSEOを専門とする、「SEOエンジニア」もいるようですが、フロントエンドエンジニアはSEOも意識しつつ、サイトの設計を考えることから、

より上位に位置する職種であるでしょう。

なお、SEOについての情報はGoogleのシステムの更新などにより日々変動があり、

めまぐるしく変化しています。

このGoogleのアップデートにより検索順位が上がることも下がることもありますので

フロントエンドエンジニアにとっては、SEOの新しい情報をキャッチすることも必要もです。

フロントエンドエンジニアの将来性と需要

プログラム

現在の様々なシステムはWEB化しており、現在の新型コロナウイルスのパンデミックの影響により更に様々な業態がWEB化を目指しているため、これからも更にWEB系のエンジニアであるフロントエンドエンジニアの需要が高まることは間違いないでしょう。

WEBの恩恵により私たちの生活は外出自粛となったこの時でも不自由ない環境が整っております。

  • ネットショップ
  • インターネットゲーム
  • 食品・料理配達サービス
  • 動画サービス
  • 学習サービス
  • ビデオ会議サービス
  • 電子書籍

など誰もがWebサイトにアクセスし、閲覧したり、サービスを使うことが可能の世の中となっております。

年配の方や、スマートフォンを使う子供も現在はたくさんいます。

このような世の中ですのでもちろん新規参入のサービス事業者も多くユーザーの人気を得られるかは

どのようなユーザーにとっても使うことができて、ストレスフリーで閲覧できるWebサイトを構築する必要があり、ターゲットユーザーへの配慮が欠けてしまえば使ってもらえません。

IT業界は進化が早いと言われますが今回のコロナショックにより更に加速することでしょう。

  • 既存店舗のみのお店は、これから生き残れない。WEBサービス参入が必須
  • これからも現実には存在しているが、WEBに存在しないサービスが多く生まれる

これらの事により

WEB業界はこれからますます発展していきますので、フロントエンドエンジニアの需要が今もこれから急増することは間違いありません。

上記のことは、フロントエンドエンジニアがいなければ企業の商品紹介ページや、ショッピングサイト等の画面を作ることができませんので、

間違いなくこれからも需要が増えて人手が足りなくなるため、フロントエンドエンジニアを含めたWEB業界のエンジニアの年収は上がることでしょう。

フロントエンドエンジニアの転職について

フロントエンドエンジニアは、上記で記載したとおり幅広い仕事をこなし、

総合的に能力を発揮できるWEB業界エンジニアになります。

フロントエンジニアとして転職するには

Webコーダーや、マークアップエンジニアとしての経験をしてから、フロントエンドエンジニアにキャリアアップするという道があるでしょう。



よって、Web系の開発が未経験の人が初めから、フロントエンドエンジニアとして採用されるということは現実的ではないと思われます。

フロントエンドエンジニアに転職するには


まずは基本である

  • HTMLをコーディング=Webコーダーとしてキャリアをスターebコーダーとしてキャリアをスタート
  • デザインに関わるCSSやjavascriptを学ぶ=Webエンジニアとしてのスキルアップを目指す
  • SEOなどのマーケティングやWEBの知識を高めてスキルアップ

というのが正攻法であり、王道と言えるでしょう。

なお、フロントエンドエンジニアそのものは未経験であったとしても、

[ani color=#ffd630 sec=3]Web系の開発で一定以上の経験がある人であれば、フロントエンドエンジニアへステップアップしていくことは可能です。

自分は30歳になってからIT業界に転職活動を行っておりましたが、元々デザインに興味がありましたので、フロントエンドエンジニアも転職候補の一つではありました。

当時かなり転職に困りましたのでアルバイトでもいいからと、あるWEB業界の求人に応募しましたが、

WEB業界未経験ということで取り合ってはくれませんでした。

しかし現在ではエンジニアの会社に転職して、HTMLやCSSjavascriptを触る機会がありますので、今であれば採用してもらえる確率はあるでしょう。

現在フロントエンドエンジニアと別のエンジニアだとしても、スキルレベルや知識量にもよるとは思いますが、Webサイトの開発により関わりたいという人であれば、フロントエンドエンジニアへのジョブチェンジに挑戦してみる価値はあると思います。

もしIT業界未経験でWEB業界のエンジニアに転職を考えているのであればエンジニアのスクールを検討することをお勧めします。詳しくは以下に記載しておりますのでご確認ください。

フロントエンジニアの年収

フロントエンドエンジニアの仕事の平均年収は約529万円と日本の平均年収と比較すると高い傾向にあります。

月給で換算すると44万円程度が相場で、派遣社員では平均時給が1,904円となっています。

エンジニア正社員の給料分布を見てみるとボリュームが多いのは、437〜508万円の水準で、平均年収の529万円はこのゾーンよりも高い水準に位置しています。

フロントエンドエンジニア全体の給与幅としては367〜931万円と比較的広いため、勤務先や経験・求められるスキルによっても大きな差が生じることが見て取れます。

WEB業界ではさまざまな知識と技術が必要になりますし、システムの構築によってお客様の利益が直結しますので、

優秀なフロントエンジニアには高額な年収が提示される。

ということが言えます。

エンジニアがキャリアアップのために転職する際には、転職エージェントを利用されることがおすすめです。

理由としましては給与幅が大きいということは自分だけの判断で外れを引いてしまと自分の価値とアンマッチな転職となることがあります。

市場において適正の年収を得るためには転職のプロである転職エージェントを使うことで実現できます。

この記事のまとめ

女性

WebサイトやWebサービスは、私たちの暮らしの中ではなくてはならないものになっています。コロナウイルスのパンデミックの影響によりこれからもWebサイトやWebサービスは発展していくことが確定となりました。

このような現代において、

フロントエンドエンジニアはコアとなる職種になっています。

WEB業界では女性の活躍が目覚ましくフロントエンドエンジニアも女性に人気の職業になります。

フロントエンドエンジニアは複合的なスキルが求められるため、まずはWEB業界で基本のコーディングを学びつつ、プログラミングや、サーバー、マーケティングの知識やスキルを身に着けることによりフロントエンドエンジニアとして活躍することができます。

WEBエンジニアの需要は高く平均年収も他のエンジニアに比べて高いです。


未経験からフロントエンドエンジニアを目指したい人は、スクールなどのサービスを使ってITスキルを身に着けまずはWEBエンジニアとしてコーディングできるよう目指し増しましょう。

WEBエンジニアとして成長してきたら転職エージェントを使うことで更に年収を伸ばすことができます。

フロントエンドエンジニア以外のエンジニア職を比較したい方は以下を確認してください

コメント

プロフィール

シュン@pgfrat

高校卒業後に製菓学校に進学し製菓関連の国家資格を取得する。
専門学校卒業後に個人の洋菓子店やレストランなどで洋菓子や料理に携わるが、ブラックな勤務体制により絶望と脱獄、転職を繰り返してニートやフリーターを数年経験。

サラリーマンとして再起を図るものの、リーマンショックにより正社員にも関わらずリストラされてまたもやニート生活に堕ちる。
その後は奇跡的に大手家電量販店に転職し、接客販売業に従事。
数年間満足した生活を送ったが、夢を見たくて再度ホテルとレストランで修行を開始。

数年で身体を壊して為飲食業自体をリタイアしまたもやニートになりながらも何かしらの正社員にならないとマズイなと思う。
その後転職活動を営業、事務、などのデスクワーク中心の業種に絞り転職活動を行う。

今から営業は無理だと思いIT業界を目指して勉強を開始し転職を成功させて現在に至る。

現在はエンジニアとしてシステムエンジニアとして上流工程から下流工程まで浅く広く。

趣味は料理、it関連、音楽、映画、ゲーム、レジャー、ガジェット、ダーツなど

定期的にmoriblogを更新しておりますので読んでいただけたら幸いです。

シュン@pgfratをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました