【IT業界の今後は将来性はある!?】まだ気が付いていない方へ【ヒント:これからの日本の政策!】

この記事は約7分で読めます。
pgfrat
 

・転職を考えているけどIT業界は将来性あるのかなぁ?

IT業界は今は需要があっても今後どうなの?

・将来的に衰退する仕事はやりたくない

AIに仕事が取られるとかって言うけど本当なの?

このように考えている方の疑問や不安に対してこの記事では解説をしていきます。

このモリブログを書いております私は製菓の専門学校を卒業してから様々な仕事を経験してIT業界に流れ着きました。この経験からこの記事ではIT業界の今後と将来性について解説していきますね。

IT業界の現状

IT業界の現状に関しては市場はずっと拡大傾向になります。現在は新しいサービスが登場する機会も多いですし、コロナショックによりテレワークが習慣として根付いてしまった今後は実際の店舗に出向いてサービスを受けたり商品を購入する機会が減少すると考えられています。

緊急事態宣言解除後も企業やお店は再開していますが、引き続きテレワークを推奨しており実際に自宅で仕事をしている方はいます。

現に私も緊急事態宣言解除後も在宅がしばらく続くとこが決定しておりまして、このような状況ですと、コロナショック前のように営業を始めても、集客は確実に落ち込んでしまいます。

そうなってきますとインターネットの世界で商売をするのが企業やお店の生き残る道になりますので、まずこのような現実で商売をやっていた方々のインターネットのビジネスが今後拡大されることが見込まれます。

そうなってきますと、プログラミング開発ももちろん必要なのですが、基盤となるインフラ、ネットワーク関連も必要になってきますので、これだけでもIT業界が案件がこれから増えてくることが予想されるのではないでしょうか?

案件は増加して仕事には困らないが・・・

案件自体は増えてくることが予想されますが、技術者がその分必要とされますので、人手不足の問題は継続して起きてくることでしょう。

IT業界は以前から人手不足が叫ばれており、実際案件はかなり取れているけど、エンジニアが足りなくて受けれないということも結構あるので、こちらに関しては間違いないです。

IT業界の今後

IT業界の今後としては、先ほど解説させていただいたとおり、

  • IT業界の案件(仕事)は増える
  • エンジニアなどの専門職が足りなくなる

ということが予想されますが、それに伴って、エンジニアなどのIT人材を育てるサービスが増えることが予想されます。

IT業界の人材不足の問題

業界自体がこれから更に人手不足になることが予想されますので、日本としても、IT業界を支える人材が必要になります。

当然IT業界で働く方は技術者や専門知識が必要な方になりますので、育成が必要になります。そうなってきますと、職業訓練校や専門学校、エンジニアスクールを使って育成を促進していくことになりますのでこれらの学習機関が更に増えてくることが予想されます。

現在もエンジニアスクールは増えてきていることが感じますが、今後はますます、IT業界で活躍したいという人材に対して教育できる環境が整うのではないでしょうか?

IT技術は更に成長

今まではブラウザベースでインターネットで買い物ができたり、サービスを受けたりということでITの技術が使われてきましたが、これからは

  • 5G
  • AI
  • IOT
  • VR
  • 仮想通貨

などがIT業界の今後のキーワードになってくるでしょう。

上記は既に世の中に溶け込んでいる技術になりますが、今後はより身近に感じることができる世の中になると言われています。

第5世代移動通信システム(5G)のインフラの恩恵を受けてこれまで以上に高速で大容量な情報が送ることができるインフラがこれから整備されてきます。それに伴って、AIやVR、IOTなどの技術に関しては更に普及することが考えられます。

スマートシティ計画

スマートシティ計画という話はご存知でしょうか?

モデルプロジェクトのスマートシティ実行計画を公表しました

国土交通省では、全国の牽引役となるモデルプロジェクトに対し、スマートシティの実現に向けて、都市・地域における将来像、将来像の実現にむけた課題・取組、取組の社会実装に向けたロードマップ、社会実装後の持続可能な取組体制等を示した「スマートシティ実行計画」の策定に向け、資金、ノウハウの両面から支援を行っています。
この実行計画に基づき、各地でスマートシティが社会実装されるよう、関係府省連携のもと引き続き支援をしてまいります。

国土交通省ホームページ

国土交通省のホームページから概要は見ることができますが、

総合政策:モデルプロジェクトのスマートシティ実行計画を公表しました - 国土交通省
国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

内容を見ていただきますと詳細が書いてありますが、大手町・丸の内・有楽町地区スマートシティの内容を見てみますと

  • AIの活用
  • ロボット運用
  • キャッシュレス推進
  • IOTの活用
  • 都市OSによる管理システム
  • 人の行動や環境のデータベース

という内容が書かれております。

大手町・丸の内・有楽町地区スマートシティに関しては2025年に実装という計画のようですが、地域によって実装時期は違うようです。

大手町・丸の内・有楽町地区が他の地域に比べて特に力を入れていることがドキュメントから読み取れます。

政府からこのような具体的にIT技術を使った街づくりを行う資料が出されていますので、本格的にIT技術が現実世界と融合する日も近いと言えます。

当然これらの技術に関しては、これから開発や運用に関して人間が必要になりますのでIT業界の技術者の仕事は増えますが、その一方でAIやロボットによる業務自動化、キャッシュレスや自動運転などにより本来人間が行っていた仕事がIT技術に置き換わってしまうということは意識しないといけません。

AIによる今後なくなる仕事という話が以前から話題になっていましたが、この計画が2025年前後で実装を想定しているということを考えると遠くない未来に、そうなってしまうのではないのかと私は考えてしまいますが、皆さんはいかがでしょうか?

この部分に関してはプログラミング必修化について調べてみますとこれからの日本の未来が見えてくると思います。

IT業界の将来性

IT業界の将来性はスマートシティ計画のように国が率先してIT技術の活用を求めていることからIT業界は将来性のある職業ということは間違いありません。

スマートシティ計画に関しては実験的な部分もあるように感じますので、実装後は更なる都市へ拡大していく可能性があるのではないでしょうか?

そうなりますとますます最新技術を使ったシステムの構築の仕事が増えることが予想されますが、これらの技術に関しては最新技術になることから、独学で学習しようにもなかなか習得が難しいです。

そのためIT業界自体は将来性はありますが、古い技術があまり需要がなくなってきてしまう可能性はあります。これから最前線で働くのであればにもエンジニアスクールなどで最新の技術を学ぶことで、今後も必要とされる人材として成長することができるのではないでしょうか?

この記事のまとめ

この記事ではIT業界の現状と今後、将来性について解説してきました。

コロナショックを起因にして、外出が自由にできなくなってしまうことで、インターネットの世界に目を向ける機会が社会全体で見られました。

これからはコロナショック前のような生活とは変わった世界になることが言われており安倍総理が緊急事態宣言解除の会見の際に「新しい生活様式」というキーワードを言われたのは様々な意味があると思うのですが、

これから世界は変わるから古い価値観を捨てて受け入れましょう

というメッセージだったのかもしれません。その一端がスマートシティ計画ということでしょうか?

これからはITの最新技術を使って構築された都市や物が普通に存在する世界となり、今までとは違った働き方や、考え方が人々に浸透してきます。

働き方に関しては、IT業界関係者であればこの先も安定して仕事を受けることができることが予想されますが、古い技術は需要が激減してしまう可能性もあります。現在IT業界に携わっている方々も業界動向をしっかり観察して、置いていかれないよう努力する必要もあると私は考えています。

これからIT業界の人材不足はさらに深刻になりますが、今からIT業界へ転職を考えているのであれは、最新技術を学ぶことができるエンジニアスクールで学ぶことで、この先大きく変わるIT業界で活躍できる人材として成長することができます。

IT業界へ転職を考えている方は以下の記事でエンジニアスクールについてまとめていますので参考にしていただけたら幸いです。

コメント

プロフィール

シュン@pgfrat

高校卒業後に製菓学校に進学し製菓関連の国家資格を取得する。
専門学校卒業後に個人の洋菓子店やレストランなどで洋菓子や料理に携わるが、ブラックな勤務体制により絶望と脱獄、転職を繰り返してニートやフリーターを数年経験。

サラリーマンとして再起を図るものの、リーマンショックにより正社員にも関わらずリストラされてまたもやニート生活に堕ちる。
その後は奇跡的に大手家電量販店に転職し、接客販売業に従事。
数年間満足した生活を送ったが、夢を見たくて再度ホテルとレストランで修行を開始。

数年で身体を壊して為飲食業自体をリタイアしまたもやニートになりながらも何かしらの正社員にならないとマズイなと思う。
その後転職活動を営業、事務、などのデスクワーク中心の業種に絞り転職活動を行う。

今から営業は無理だと思いIT業界を目指して勉強を開始し転職を成功させて現在に至る。

現在はエンジニアとしてシステムエンジニアとして上流工程から下流工程まで浅く広く。

趣味は料理、it関連、音楽、映画、ゲーム、レジャー、ガジェット、ダーツなど

定期的にmoriblogを更新しておりますので読んでいただけたら幸いです。

シュン@pgfratをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました