WEBサイト構築検討の方はこちら!

【Javaとは!?】プログラミング初心者の僕でも理解できた!プログラミング言語のJavaについて解説!

この記事は約11分で読めます。

あなたはjavaについてご存知でしょうか?

もしあなたがエンジニアに興味をお持ちかIT業界の方でしたら間違いなく聞いたことのあるプログラミング言語だと思います。

この記事を書いております筆者は

30歳の時に飲食業の異業種からエンジニアに転職をしました

エンジニア転職時はプログラミング言語について知識がゼロでして学習に苦労しましたのでIT業界初学者に向けてこの記事を書きました。

この記事におすすめの方は・・・
  • ]javaって結局どんなプログラム言語?
  • javaの基本的なコードについて知りたい
  • Javaで何ができるの?

javaを学習することのメリットとデメリット

Javaはプログラミング言語のひとつになります。

プログラミングにも様々種類がありまして、Javaはサーバーサイドのプログラムになります。

サーバーサイド以外にもクライアントで動作するプログラミング言語もありますが、Javaはサーバーやデータベースと密接に関わるサーバーサイドの言語になります。

実際にJavaのプログラムで作られているシステムは世の中には数多くあります。

Javaの特徴といたしましては動作が非常に早いので大規模なシステムの開発には向いています。

ただ開発時間がかかるため、小規模であれば他の言語の方がいい場合もあります。

Javaのメリット
  • 実行処理が早い
  • どんなコンピューターでも使うことができる
  • プログラム実行のルールがしっかり決められておりバグが出にくい
  • プログラミングの基本的な機能を網羅している
  • 堅牢
Javaのデメリット
  • コンパイルが必要でコードを書いたあと実行できる状態にするまで時間がかかることがある
  • プログラミングの書き方がほかの言語に比べて書く量が増えるので開発スピードは遅い

Javaのプログラミングのメリットとデメリットに関しては上記になります。

プログラミングが初めての方であれば、Javaはプログラミングの基礎を学ぶことができるため勉強しておくべきプログラミング言語の1つになります。

以下の記事にてプログラミング言語の種類や用途について解説しておりますのでご確認ください。

Javaを勉強することのメリット

Javaを学習することのメリットとしては

  • オブジェクト指向が学べる
  • プログラミングの重要な機能が網羅されているためプログラミングの基本的な知識や考え方が身につく
  • 世の中で様々なサービスに利用されているため、エンジニアとして働く際には仕事の獲得において有利
  • Javaエンジニアの年収は高い

ということが挙げられます。

「初心者プログラミングにはJavaはハードルが高い」

と言われることがありますが、

「初心者プログラミングだからこそJavaがいい」

と言っている方もいるくらいでプログラミングの学習においてはJavaが注目されているのは間違いありません。

この意見の違いとしては学習方法によってはJavaのプログラミングの理解に時間がかかるため習得してしまえばメリットは大きいがリスクもあるということを表しているのだと思います。

リスクとしては

  • プログラミングはどれもある程度学習時間がかかる
  • 自転車と同じできっかけがつかめれば理解が早いがそれまでは苦しい時期が存在する
  • 問題が自分だけでは解決できない
  • 上記のことから挫折してしまう

ということが挙げられますが、プログラム言語に関しては学べる環境があれば上記のリスクを受けることなく学習が可能になり、エンジニアスクールを利用することでこのリスクを避けることが可能です。

Javaエンジニアの年収

Javaを勉強することのメリットとの一つに

Javaは安定した仕事の需要が見込まれますので、平均年収は普通のサラリーマンに比べましても高いです。

JavaはOracleからも認定資格があり資格を取ることででさらに活躍ができることでしょう。

Javaの資格
  • Oracle認定Javaプログラマ(Oracle Certified Java Programmer)
  • Javaプログラミング能力認定試験
  • Android 技術者認定試験
Javaのエンジニアの平均年収は500万円を超えているケースが多く報告されています。

年収に関しましては資格の有無であったり雇用形態によって差が出ます。

現在はエンジニアがフリーランスとして働くことも珍しくなくフリーランスの場合は収入が青天井となります。

自分の携わっていたプロジェクトでは、フリーランスのJavaエンジニアも多数在籍しており、いずれの方々も1000万前後の年収のようでした。

実態としては、

ということになります。

将来500万円以上稼ぎたいという方はフリーランスのエンジニアが近道ということになります。

今ではフリーランスのエンジニアはIT業界では一般的で、これからエンジニアを目指す方もプログラミングを勉強することで、将来はフリーランスのエンジニアになることも不可能ではありません。

フリーランスのエンジニアになるには

エンジニアとして業務経験を積んでフリーランスエンジニアになりたい場合はどうすれば良いでしょうか?

それは転職エージェントを使用することでフリーランスのエンジニアに仕事紹介を受けることが可能になります。

自身の市場価値を上げるには転職エージェントを使うのが最適です。

javaの用途と需要

プログラミング言語として世界的に有名なJavaは、汎用性の高さから多くのシステム開発に利用されており、Javaプログラマーの需要は安定して多くあります。


Javaプログラミングの用途としては主に以下のプログラムに使われています。

  • 企業の人事などが使う業務システム
  • 企業の人事などが使う会計システム
  • ネットショッピングサイト
  • ホームページなどのサービス
  • スマートフォン(Android)アプリ
  • SNS
  • 家電製品(炊飯器や電子レンジやエアコン)などの組み込み制御システム[

これ以外にもさまざまなプログラム部分に使われていますので

Javaプログラマーの需要は安定して多くある

という理由がお分かりいただけたのではないかと思います。

Javaはオブジェクト指向を学ぶのに最適

プログラミングにはオブジェクト指向という考えがあります。

なかなか理解が難しい部分もあるのですが、プログラムの世界で操作するものを、現実世界でいう物体という扱いをするということです。
オブジェクトの考え方
  • userクラス=利用者として定義して名前などのパラメータが与えられる
  • itemクラス=商品として定義して商品名や価格などのパラメータが与えられる

というような感じです。

このオブジェクト指向により

  • プログラムの改修(後に変えたいとき一部を変えれば解決)が容易
  • メンテナンスしやすい
  • どのような処理をしているのか明確

というメリットがあります。

オブジェクト指向はプログラミングにおいて重要な考え方になりますので、Javaを学習することのメリットは大きいです。

コンパイルとビルド

プログラミング言語は様々ありますが、Javaは、

  • 様々なアプリケーション
  • ウェブサイト
  • 業務システム
  • スマートフォン

など様々なITの分野に使われる言語になります。

Java

  • Javaが動く環境であればどのようなプラットフォームでも実行が可能で高速で動くため汎用性が高い

という特徴がありましてこれらの恩恵を受けるためにはプログラムのコードをコンパイルしてビルドすることが必要になります。

[ani color=#ffd630 sec=3]Javaのプログラムも同様で実行するにはビルドが必要になります。

ビルドとは
  • プログラム実行時に人間では読めないファイルを、いったん吐き出しそのファイルをコンピューターが読み込んで実際に実行を行う。

Javaのプログラムの仕組みとしましては

一旦プログラミングを行いプログラムを作ったら、Javaのマシンにビルドをしてもらい、そのファイルを使ってようやくプログラムを動かすことができます。

もしプログラムを変更した場合は再度ビルドする必要があります。

ビルドしてできたファイルは、jarやwarなどというjavaのマシンが読むことができるファイルになりますが、これらのファイルはコンピューターしか読めませんが、高速に読み込むことができます。

私たちが勉強しているプログラム言語は、人間がわかる言語で作られておりこれらはコンピューターにとっては負荷がかかってしまいます。その為Javaなどのコンパイル型の言語は高速化するためにコンピューターが読みやすいファイルに変換するために一度ビルドする必要があります。

Javaの環境構築は以下の記事にて解説しております。

javaのコード

実際に実行するには環境構築が必要になりますが別記事で環境については解説しておりますのでここではコードについての解説になります。

Javaのコードを見てみましょう。

 

public class Test{ 
    public static void main(String[] args){
           System.out.print("hello");
      }
 }

初心者向けの教本などでまず見かけるやつですね。

Javaはmainメソッド(関数)が無いと実行することができません。

必ずどのプログラムも

public static void main(String[] args){
          
      }
という構文が必要になります。

この関数から実行していき様々なプログラムを呼び出します。

(String[] args)に関しては今はお決まりだと思っていただければ結構です。

こちらは必ずmainメソッドに書く必要があります。
public class Test{ 
    
 }

上記がJavaのクラスになります。

クラスの中に何をするのかを定義していきます。

{}←はブロックと呼ばれます。

この中に書かれているものがTestクラスの実行されるプログラムになります。

public static void main(String[] args){

}

こちらもブロックになりますのでTestクラスでmeinメソッドを呼んで、

System.out.println();メソッドを呼んでいることになります。

クラスは自由に命名できますので自分でプログラムを書くときは任意の名前を付けてください。

Javaはコンソールに出力する際に

System.out.print();

というメソッドを使います。

javascriptでいう

console.log()

と同じような使い方になります。

Javaに関してはプログラムの終わりに;をつけないと、エラーになってしまいますので気を付けてください。

()の中に””で任意の文字列を入れればその文字がコンソールに出力されます。

System.out.print("hello");

はhelloを出力するようにコンピューターに命令していることになります。

簡単なJavaのプログラムを見ていただきました。しっかり学習したい方は実際に開発環境を用意して実際にプログラムを書いてみるといいでしょう。

この記事のまとめ

Javaの仕組みや特徴、Javaを学習することのメリットやリスクなどを解説してきました。

未経験から学習しエンジニアになるのは大変ですが、現在はエンジニアスクールなどの学習サービスが充実しておりますので現在ではこれらのサービスを利用することでキャリアチェンジが容易となっております。

エンジニアスクールについては以下の記事にまとめましたので確認してみてください。

エンジニアに興味がある方は 未経からエンジニアになる方法:7つのマニュアル を確認してください。

コメント

プロフィール

シュン@pgfrat

高校卒業後に製菓学校に進学し製菓関連の国家資格を取得する。
専門学校卒業後に個人の洋菓子店やレストランなどで洋菓子や料理に携わるが、ブラックな勤務体制により絶望と脱獄、転職を繰り返してニートやフリーターを数年経験。

サラリーマンとして再起を図るものの、リーマンショックにより正社員にも関わらずリストラされてまたもやニート生活に堕ちる。
その後は奇跡的に大手家電量販店に転職し、接客販売業に従事。
数年間満足した生活を送ったが、夢を見たくて再度ホテルとレストランで修行を開始。

数年で身体を壊して為飲食業自体をリタイアしまたもやニートになりながらも何かしらの正社員にならないとマズイなと思う。
その後転職活動を営業、事務、などのデスクワーク中心の業種に絞り転職活動を行う。

今から営業は無理だと思いIT業界を目指して勉強を開始し転職を成功させて現在に至る。

現在はエンジニアとしてシステムエンジニアとして上流工程から下流工程まで浅く広く。

趣味は料理、it関連、音楽、映画、ゲーム、レジャー、ガジェット、ダーツなど

定期的にmoriblogを更新しておりますので読んでいただけたら幸いです。

シュン@pgfratをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました