【断捨離】本のおすすめ「買取」サービスまとめ!本を高く売るなら宅配買取サービスの査定がおすすめ

この記事は約11分で読めます。

この記事では、本の買取サービスを行っているショップを比較して徹底的に紹介しています。

「本はどこで売ればお得なのか?」

「本が多すぎて売りに行くのが大変そう」

と悩む方にはこの記事を読むことで解決できます。

古本を手間をかけずに手軽に販売できる、「宅配買取」なら手間をかけず本を高額で売却可能で、大量の書籍でも「」は楽なので断捨離しながらお金を得ることができて正に一石二鳥です。

宅配買取ショップの口コミや評判を知ることで、商品の「」が高値になるサービスを利用することができ結果高額での売却が期待できますのでこの記事をぜひチェックしてみてください。
本の宅配買取サービスについて比較の概要だけでも知りたいという方は以下の「【】本の宅配買取サービスまとめ」をご覧下さい。
他の店舗と比べても高額査定「ブックサプライ」

ダンボール:5枚まで無料
集荷:15時までの申し込みで最短翌日
送料:査定額2,000円以上で送料無料
査定額:2,000円未満は1箱500円
返送料:利用者負担

振込手数料:無料
査定期間:商品到着後2日前後
事前見積もり:お試し査定が可能

専門書・医学書・ビジネス書に特化「BOOK RIVER(ブックリバー)」

ダンボール:なし
集荷:12~15時までの申し込みで最短翌日
※利用者が佐川急便に集荷依頼
送料:査定額2,000円以上で送料無料
※2,000円以下は申し込み不可
返送料:利用者負担

振込手数料:無料
査定期間:商品到着後2日前後
事前見積もり:「迅速査定」が可能

売れば売るほどお得「BUY王(バイキング)」

ダンボール:20枚まで無料
集荷:申し込み後、最短翌日
送料:~6/30迄 期間限定で送料無料
返送料:利用者負担

振込手数料:無料
査定期間:商品到着後2営業日
※混雑時は2~3週間
事前見積もり:一時停止中

本以外のCD・DVD・ゲームをまとめて売るなら「メディア買取ネット」

ダンボール:20枚まで無料
集荷:15時までの申し込みで翌日集荷
送料:無料
返送料:無料

振込手数料:無料
査定期間:商品到着後2日前後
事前見積もり:可能

また他にも売りたいものがあるのであれば以下の記事も参考にして頂ければお得に整理が出来るかもしれません。是非チェックしてみてください。

Search

【断捨離】本を販売したい場合は、宅配買取することをお勧める3つの理由

自宅の本を売却するのにお勧めなのが今人気の「宅配買取」です。

宅配買取には3つのメリットがあり、自宅で本を手軽に売却することができます。

  • 時間と労力をかけずにサービスを利用できる
  • 実店舗がないため、高額な買取が可能
  •  一度にたくさんの本を売ることができる

多くのメリットがある宅配買取を知らずして、古本屋に売ると相場より安く買いたたかれることもあります。

宅配買取を利用するメリットについて詳しく解説いたします。

【断捨離】時間と労力をかけずにサービスを利用できる

大量の本を売却する場合、梱包して古本屋に持っていくのは一苦労なのですが、せっかく持ち込んでも査定額が少なすぎるのでびっくりすることが多く、「え、これだけの値段にしかならないの」と異様なことはしょっちゅうあります。

しかし、宅配買取なら重い本をお店に持ち込むことなく「」できます。

外出せずに本を売れるのでとても便利です。

今まで本を「」店舗に持ち込んで査定金額に満足できない場合や、本をたくさん売りたいのに持ち運びに困っている場合は、まず宅配買取をお試しください。

あなたも店に行く必要はありませんのであなたの時間と労力を節約することができます。

宅配買取サービスは実店舗がないため、高額で買取が可能

宅配買取を行う多くの「」店は実際の店を持たず、これらの店はインターネットに限定されています。

そのため、宅配買取業者は店舗で発生する人件費や光熱費などの費用がかからないというメリットがあります。

お店があると、固定費を利益で補う必要がありますので高額で商品を買い取ることはできません。

ただし、オンラインのみで運営している「」専門店は、これらの費用が発生しないので高価格の査定が可能です。

通常、チェーン店の古本屋よりもオンラインの宅配買取サービスは高額で商品を「」されておりますので、まずは査定をお申し込んでみましょう。

時間と労力を節約でき、「」価格が高ければ試さない理由はありません。

【断捨離】一度にたくさんの本を売ることができる

宅配買取は、大量の本をまとめて販売却する場合に特に便利です。

部屋を埋め尽くすほどの大量の本を処分するのはとても面倒で、断捨離したくても売りに行くのが面倒で。 「」を躊躇します。

ただし、宅配買取の場合は、本を持ち運ぶ必要がないので、思いついたらすぐに売ることができます。

料が多くて数箱の段ボールで車に収まらない場合でも、一度にすべて販売できるので、すぐに部屋がきれいに断捨離できます。

本を断捨離して家の掃除をしたいなら、手軽で便利な宅配買取を試してみてはいかがでしょうか?

【断捨離】おすすめの本の「買取」サービスまとめ

ここからは本の「」にお勧めのサービスを紹介していきます。

それぞれに独自の特徴があり、どのタイプの本を高く買い取ってくれるのかが異なります。

各サービスの魅力やデメリットを詳しくご紹介します。

他の店舗と比べても高額査定「ブックサプライ」

ダンボール5枚まで無料
集荷15時までの申し込みで最短翌日
送料査定額2,000円以上で送料無料
査定額2,000円未満は1箱500円
返送料利用者負担
振込手数料無料
査定期間商品到着後2日前後
事前見積もりお試し査定が可能

ブックサプライは、高い査定額が特徴です。

査定額は売却したい本のご購入時のレシートを提示すれば50%で「」が可能です。

つまり、500円で購入した本は250円で「」されます。

この査定額は他の「」店舗よりもはるかに高くなっています。

領収書がない場合は、Amazonや楽天ブックスなどで古本の価格をチェックし、それに応じた評価額をコンピューターが計算するので、安定した高価格で「」ができます。

また、公式サイトで無料の事前査定ができますので、ぜひお試しください。

専門書・医学書・ビジネス書に特化「BOOK RIVER(ブックリバー)」

ダンボールなし
集荷12~15時までの申し込みで最短翌日
※利用者が佐川急便に集荷依頼
送料査定額2,000円以上で送料無料
※2,000円以下は申し込み不可
返送料利用者負担
振込手数料無料
査定期間商品到着後2日前後
事前見積もり「迅速査定」が可能

BOOK RIVER(ブックリバー)は、専門書、医学書、ビジネス書を専門とする古本「」専門店です。

人気のポイントとしては「迅速査定」と呼ばれるサービスで、事前に売りたい本の査定してから本を販売することができます。

24時間以内にかなり正確な評価を得ることができ、人気のある本は定価の30%から50%で「」されます。

もちろん、評価のみでも大丈夫ですので、どのくらいで売れるのか金額だけ知りたい場合でも、BOOK RIVER(ブックリバー)の迅速査定をお試しください。
BOOK RIVER(ブックリバー)関連記事

売れば売るほどお得「BUY王(バイキング)」

ダンボール20枚まで無料
集荷申し込み後、最短翌日
送料~6/30迄 期間限定で送料無料
返送料利用者負担
振込手数料無料
査定期間商品到着後2営業日
※混雑時は2~3週間
事前見積もり一時停止中

BUY王(バイキング)の特徴は、売れば売るほど、利益が増えるということです。

たくさんの本を売ると、以下のボーナスがもらえます。

  • 5点以上⇒1,000円
  • 10点以上⇒2,000円
  • 15点以上⇒3,000円

あなたが売る本が多ければ多いほどお得になります。たくさんの本を売るなら、古本屋に売るよりも間違いなくBUY王(バイキング)に売却する方が良いです。

BUY王(バイキング)には他にもキャンペーンがあるので、「新しい本は少ないけど、キャンペーンでお得に売りたい」と思っている人にはお勧めです。

まとめ売りもお得ですので、たくさんの本を売りたいならBUY王(バイキング)をぜひお試しください。

本以外のCD・DVD・ゲームをまとめて売るなら「メディア「買取」ネット」

ダンボール20枚まで無料
集荷15時までの申し込みで翌日集荷
送料無料
返送料無料
振込手数料無料
査定期間商品到着後2日前後
事前見積もり可能

メディア「」ネットは、本以外にもCD、DVD、ゲームなども「」することができる人気のサービスです。

」点数がいくつあっても無料でご利用いただけ、商品到着後48時間以内に「」金額が支払われます。

メディア「」ネットは、古本付と一緒にCDやDVDを「」したい方におすすめのお店です。

査定額にご満足いただけない場合は送料無料で返品されますので、是非チェックしてみてください。

本を「買取」する際の宅配買取プロセスの紹介

本の「宅配買取」は良い「」方法のようですが、どうやってやるのでしょうか?

宅配買取の一般的なプロセスには、次の3つのステップが含まれます。

  • ネットから申し込む
  • 段ボールで梱包して出荷
  • 査定結果の通知

今までお店で「」をしていた方は、「」処理が面倒で手間なので捨てた方がいいのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。

ただし、宅配買取の方法はとても簡単です。各ステップについて詳しく説明します。

ネットから申し込む

宅配買取は24時間オンラインで申し込むことができます。

オンラインで仮査定ができる「」サービスでは、公式サイトの検索ウィンドウに販売したい書籍のタイトルやISBNコードを入力することで、仮の査定額をすばやく見つけることができます。

本を売りたいユーザーにとって、実際に査定を提出する前にある程度の査定額を知ることは大きな利点です。

また、「」のキャンペーンを行う店舗も多いため、キャンペーンを狙って売却すれば、不要になった本を高額で販売することができます。

段ボールで梱包して出荷

お申し込みが完了したら、販売する本を段ボール箱または空の箱に詰めて、着払いでお店の住所にお送りください。

一部のサプライヤーは宅配買取のパッケージキットを無料で用意してくれることもありますので、申込時に必ず確認してください。

ほとんどの場合、身分証明書のコピーが必要になりますので、こちらは事前に準備しておきましょう。

コンビニエンスストアから梱包した本を送ることもできますが、配送会社に頼んで無料で集荷・回収を受けることもできますので自分に合った方法を選んでください。

自宅まで来てもらうのが良いか、自分の好きなときにコンビニに持ち込むのがいいのかご自分に合った方法で送りましょう。

査定結果の通知

評価終了後、評価結果をメールで通知が来ます。

通知された査定金額に問題がなければ、指定された口座に入金され、「」が完了します。

査定された金額にご満足できない場合は、書籍を返却し、取引はキャンセルとなります。

ただし、キャンセル時の返送料にはご注意ください。

返送料はユーザーの負担となる場合がありますので、キャンセルの際は必ず返送料が無料かどうかをご確認ください。

宅配買取は、査定結果を確認することで、実際に本を販売するかどうかを決めることができますのでご安心ください。

店頭での購入とは異なり、宅配の「」では持ち帰る必要がないため、キャンセルも楽です。

本を高く売るには!?

コミックは高額「」なのに、雑誌は低価格でしか売れないことを経験したことがありますか?

すべての本を一か所で「」すると、期待した値段が付かない場合があります。

書籍を高額で購入したい場合は、複数の店舗を正しく利用することをお勧めします。

たとえば、漫画本や特別本など、高額で「」される本は店頭で決まっています。

ジャンル特化の「」店舗であれば古本の値段が高くなります。

大量の本を販売する場合は、本の種類に応じて異なる店舗を利用し、高額な「」を行ってください。

【断捨離】本の宅配買取で断捨離をして不要な古本を売却しましょう

宅配買取では、本を売るのに時間と労力をかけずに、簡単に本を売ることができます。その為断捨離にもうってつけです。

インターネットでは、多くの「」店が宅配買取で本を購入しています。

販売しやすいだけでなく、宅配買取の魅力は、古本屋で「」するよりも高額で「」される可能性が高いことです。

古本をどこで売ろうか悩んでいた方は、興味のある「」サービスをチェックしてみてください。

本の「」以外にも断捨離やお部屋の整理をしたいという方は以下の記事もチェックしてみてください。

また他にも売りたいものがあるのであれば以下の記事も参考にして頂ければお得に整理が出来るかもしれません。是非チェックしてみてください。

他の店舗と比べても高額査定「ブックサプライ」

ダンボール:5枚まで無料
集荷:15時までの申し込みで最短翌日
送料:査定額2,000円以上で送料無料
査定額:2,000円未満は1箱500円
返送料:利用者負担

振込手数料:無料
査定期間:商品到着後2日前後
事前見積もり:お試し査定が可能

専門書・医学書・ビジネス書に特化「BOOK RIVER(ブックリバー)」

ダンボール:なし
集荷:12~15時までの申し込みで最短翌日
※利用者が佐川急便に集荷依頼
送料:査定額2,000円以上で送料無料
※2,000円以下は申し込み不可
返送料:利用者負担

振込手数料:無料
査定期間:商品到着後2日前後
事前見積もり:「迅速査定」が可能

売れば売るほどお得「BUY王(バイキング)」

ダンボール:20枚まで無料
集荷:申し込み後、最短翌日
送料:~6/30迄 期間限定で送料無料
返送料:利用者負担

振込手数料:無料
査定期間:商品到着後2営業日
※混雑時は2~3週間
事前見積もり:一時停止中

本以外のCD・DVD・ゲームをまとめて売るなら「メディア買取ネット」

ダンボール:20枚まで無料
集荷:15時までの申し込みで翌日集荷
送料:無料
返送料:無料

振込手数料:無料
査定期間:商品到着後2日前後
事前見積もり:可能

コメント 記事に関するご意見・ご感想・ご質問などお気軽にどうぞ!※メールアドレスは非公開です

タイトルとURLをコピーしました