映画「えんとつ町のプペル」が炎上!?あらすじ/声優/評価/炎上情報まとめ

この記事は約15分で読めます。

3DCGアニメーション映画「えんとつ町のプペル」は、コメディアンで絵本作家のキングコング(キングコング西野亮廣)によって作成されましたが、彼自身物議を醸して炎上することがよくあります。

彼は原作・製作総指揮・脚本を努め、「マインドゲーム」、「鉄コン筋クリート」、「海獣の子供」などで国際的な評判。絶賛されたSTUDIO4℃でアニメーション映画『えんとつ町のプペル』が2020年12月25日に公開されました。

Search

絵本&映画「えんとつ町のプペル」とは

えんとつ町のプぺル』特報【12月公開】

原作絵本は2011年頃に西野が着想を得て、2014年夏に本格的な分業体制構築の準備に入り、クラウドソーシングとクラウドファンディングにより2015年春にイラストパートの制作を再開しました。

幻冬舎から2016年10月に発行され、2020年12月現在の発行数は57万部です。

映画パンフレットによると、プロジェクトは2016年秋に開始され、絵本の出版と同時に実施され最終版は2019年末に完成しました。

映画「えんとつ町のプペル」のあらすじ

信じ抜け。
もう一歩踏み出したい すべての人に贈る、感動の冒険物語。

厚い煙に覆われた“えんとつ町”。煙の向こうに“星”があるなんて誰も想像すらしなかった。
一年前、この町でただ一人、紙芝居に託して“星”を語っていたブルーノが突然消えてしまい、人々は海の怪物に食べられてしまったと噂した。ブルーノの息子・ルビッチは、学校を辞めてえんとつ掃除屋として家計を助ける。
しかしその後も父の教えを守り“星”を信じ続けていたルビッチは町のみんなに嘘つきと後ろ指をさされ、ひとりぼっちになってしまう。そしてハロウィンの夜、彼の前に奇跡が起きた。ゴミから生まれたゴミ人間・プペルが現れ、のけもの同士、二人は友達となる。
そんなある日、巨大なゴミの怪物が海から浮かび上がる。それは父の紙芝居に出てきた、閉ざされたこの世界には存在しないはずの“船”だった。父の話に確信を得たルビッチは、プペルと「星を見つけに行こう」と決意する。しかしこの町の治安を守る異端審問官が二人の計画を阻止するために立ちはだかる。
それでも父を信じて、互いを信じあって飛び出した二人が、大冒険の先に見た、えんとつ町に隠された驚きの秘密とは?

幅広い世代に愛され、今なお世界を魅了し続ける絵本「えんとつ町のプぺル」が、ついに映画化!
原作者のキングコング西野亮廣が自ら製作総指揮・脚本を手がけ、絵本では描かれなかったえんとつ町の“本当の物語”を描き出す。アニメーション制作は圧倒的クオリティと世界観で世界中に多くのファンを持つSTUDIO4℃。設定開発にとことんこだわり、町の創設からエネルギー構造までを再構築し、ファンタジックな町並みと魅力的なキャラクターを立体的に映像化。
ヴォイスキャストは窪田正孝、芦田愛菜、立川志の輔、小池栄子らが名を連ねるほか、オープニング主題歌にHYDE、エンディング主題歌にはロザリーナが参加してハロウィンの奇跡を盛り上げる。
本作の“願い”に賛同したスタッフ、キャスト、アーティストが集結し誕生した、大人も泣ける、この冬一番の感動物語!未来は信じ続けた夢でできている。今だからこそ、あなたの夢を信じてみませんか?

映画「えんとつ町のプペル」監督

廣田裕介

映画「えんとつ町のプペル」キャスト 声優

(声の出演)窪田正孝、芦田愛菜、立川志の輔、小池栄子、藤森慎吾、野間口徹、伊藤沙莉、國村隼

窪田正孝は、1988年8月16日生まれ、神奈川県出身、スターダストプロモーション所属の俳優です。妻は女優の水川あさみです。母親の勧めで、スターダストプロモーションのオーディンションを受けて、事務所に入りました。2006年4月フジテレビ系ドラマ「チェケラッチョ!!㏌TOKYO」で初主演し、俳優デビューしました。

芦田愛菜は、2004年6月23日生まれ、兵庫県西宮市出身、ジョビキッズプロダクション所属の女優です。2007年、3歳のときに芸能界に入りました。2009年、「ABC家族レッスンショウ―とムービー2“だいぼうけんまま”」で子役デビューしました。2020年10月9日公開の映画「星の子」に出演しました。

映画「えんとつ町のプペル」の評価

原作絵本は短い物語だったので、長編映画にする時どんな風に膨らますのかなと期待して見に行った。街の設定やお父さんの話などの深堀りをしつつ、トロッコを使ったダイナミックなアクションなど、映画で映える派手なシーンを盛り込んで楽しいメルヘンに仕上がっている。美術が大変美しくてそれだけでも見る価値がある。とりわけ前半が楽しかった。冒頭のミュージカルパートはワクワクしたし、『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』を彷彿とさせるトロッコアクションは手に汗握った。この勢いのまま最後まで駆け抜けてくれるとさらに面白かったと思うが、それはまあ望み過ぎなのかもしれない。
声の出演者はみなハマっていた。特にプペル役の窪田正孝が素晴らしかった。朝ドラ『エール』でも良い芝居をしていたし、最近役者としての実力がメキメキ上がっている。これからより一層の活躍を期待している。

https://eiga.com/movie/92351/review/

何だろう、とにかく最初から最後までつまらなかったです。

西野亮廣氏の言いたい事をとにかく詰め込んだだけの、怪文書ならぬ怪映像です。

全てにおいて脈絡というものが存在しない為、
「妙ちきりんな性格のキャラが妙ちきりんな行動を突如起こし、妙ちきりんな理論を垂れ流して、妙ちきりんな解決方法で解決し、妙ちきりんな大団円」という風にしか見えません。
プロットレベルから設計ミスしている気がします。

冒頭のアクションシーンが始まる理由が謎。音が聞こえただけで何故法律を破ってまで追いかけるのか分からない。(理由は簡単、主人公だからという雑な理由)
突如歌って踊り出す意味が分からない(ディズニーを意識したんでしょうね)
いちいち挿入される歌の意味が分からない(新〇監督を意識したんでしょうね)
子供向けの筈なのに、「異端審問官」という存在が出てくる。警察や警備隊ではダメだったのか?(西野亮廣氏が自分の才能を認めない人達のメタファーとして生み出した存在だからでしょうね)
何故住民が急に洗脳されるのか?

何から何まで分からないだらけです。

反面、西野亮廣氏の言いたい事は強烈なまでに主張して来ます。
その言いたい事とは、要約すると
「俺は凄い奴だ。俺の価値を認めない奴は馬鹿だ。俺はそいつら馬鹿のせいで活躍ができない。愚民達は俺が教育してやらないといけない。それでも反抗する馬鹿を叩き潰したい。」
です。
「夢を見続ければ~」なんてメッセージはこの映画には存在しません。「俺を褒め称えろ」が正しいメッセージです。

この、薄ら寒いメッセージをビシバシと投げ付けて来るのに、上述の通り脈絡がとっ散らかっている為、観賞中だんだん気分が悪くなって来ます。
新興宗教とか、意識高い系詐欺団とか、その手の人達が勧誘して来るような状況に似ています。
ただただ頓珍漢な主張を押し付けられ続けるので、とても疲れます。

全体的に、映画という体を成していない、かなり残念な映画です。
映画と呼ぶのも躊躇われます。

https://eiga.com/movie/92351/review/

私は西野さんの大ファンです。
ですが今回の映画公開では看過出来ない部分が多々見られます。
まず、宣伝についてですが、サロンによる信者ビジネスのマーケティング戦略で動員数を稼ぎ、信者によるイメージ操作を多数のサイトやSNSで行うことは、彼の好感度と映画のイメージを地に落としました。
彼のやり方はビジネスという側面では面白いのですが、それによりゴリ押しされた当の作品には本人や信者が熱く語るほどの力もなく、低評価を許さない信者側の同調圧力には一般層が近づきがたいイメージを生み出しました。

結果、この映画は大変評価の分かれるものとなりました。

この評価の分かれ方を信者たちがまた「アンチによる嫉妬」とか、「夢を否定するマジョリティの圧力」と呼ぶ滑稽さは、自らを省みない哀しみを感じます。
(奇しくも映画内に悪役として登場する異端審問官に彼等自身がなってしまっています。)

そもそも、西野さんがこの作品に込めたメッセージは、自身が見た夢をことごとく否定された過去の体験から来ていますが、思うに夢を否定されたのは今回のような西野さんのやり方や高圧的態度、人を下に見るナルシストな彼の性格が敵を作り出すことにあると思います。

そしてそんな自分から目を背けて、周りを高い壁で囲った城の中で作られたこの作品に力がないのも当然といえば当然でしょう。

作品についてはいずれ世論が正当な評価を下す日が来ると思いますが、
映画のツッコミどころはあまりにもたくさんある為箇条書きにします

西野教祖やセミナーやファンドのことが嫌いで避けていたのですが、映画を見尽くしたので仕方なく鑑賞。
悔しいけどシナリオの完成度が高くて高品質。
何より、芦田愛菜の声優が最高、それが高評価のほとんどですが。
もし、事前情報がなく無心で観たら泣いて感動するレベルの、くどいけど高品質。
セリフや展開は月並みだけど、良いとこ突いてる、あざといけど。
ファンドのやり口やステルスマーケティングのレビューは悪いことだけど、映画の価値を貶めるものではありません。
オススメするのは憚られるますが、良い映画でした。

https://eiga.com/movie/92351/review/

評価は良い評価もありましたが後述する炎上となった利権やビジネスに関する問題により毛嫌いしている方も多いようです。

「えんとつ町のプペル」が炎上している内容については以下で解説しております。

映画「えんとつ町のプペル」はマルチ商法出ないかと炎上

アニメーション映画「えんとつ町のプペル」は、8年の構想から実現したと言われています。

西野亮廣氏は「映画は、100万人を動員しても失敗。これが制作費だ。ペイしようとしたら100万人でも赤字」と語りました。

動員を増やすため、西野亮廣の主宰するオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」の会員に前売券と台本一式を販売する「マルチ商法」を行い炎上しました。

サロンでは、アニメ映画「えんとつ町のプペル」の前売りチケットを販売する「ビジネス」イベントを開催しました。

サロン会員は「映画脚本・前売券」を有料で売買する権利が与えられます。

簡単に言いますとこのビジネスでは3000円で「プペルの映画脚本・前売券」を仕入れ3,500円で販売すれば、会員は500円の利益を取ることができ、映画の観客も増えるという計画でした。

西野亮廣が主催するオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」の男性会員が情報発信サービス「note」で公開している内容が問題になっています。

彼は失業者であり、2020年5月に退職しました。

彼は失業保険を使用して、アニメ化された「えんとつ町のプペル」の前売りチケットと台本を80セット購入しました。

合計このビジネスに24万円を使ったのですが、500円×80 = 40,000円の利益を出す計画だったようです。しかし、前売り券を1枚も売れなかったと言って、炎上しているようです。

買おうと思った経緯

『記事を見た時にこれに挑戦しないと人生このまま変わらないなと思った!』
以前の記事で事細かく書いておりますが、「仕事を辞めてやりたいことをやる!今しか出来ない経験をする」と思って5月に仕事を辞めました。
でも結果、「何も変わらない」。時間があって「何かしてる感」を出しているけど何も生み出せてない。むしろ挑戦もしないし怠惰になっていく。貯金と時間が減っていくだけ

サロンのオフ会が始まり、オフ会に行けば何か変わるかも。すごい人と繋がれたり自分を見てくれている人がいるかも…と思ってました。

現実は何も生まれない。「自分は何をしているんだ」行動している感に満足してただけで何も残っていない。オフ会の時は楽しいけど帰り道は周りとの劣等感や何も出来てない自分が見えてしまい、落ち込みながら帰る日々でしたね

やりたい事はないけど何かはしたい。今の行動している感を出してくすぶっている自分が嫌だと思ってました。

その時にチケット台本の記事が流れてきて、これはやるしかないと思いましたね!
この西野さんという環境や鍵垢Twitterがある中で挑戦しなかったら30.40歳になっても絶対に後悔する!と思いました。
(これでミスったら田舎帰ろうかと少し思ってました)
「挑戦している自分でありたかった」「オフ会で輝いている人の土俵に立ちたかった…」

でも正直、一人で踏み出す勇気はなかったですビビってました。
あとは単純に誰かと一緒にするのが好きです!
同じ目標に向かって悩んで試行錯誤したり、時にはぶつかりながらも一緒にもがいてみたり…!
(こういう青春ドラマのようなことに憧れを感じてます笑)

同い年ぐらいの人を私含めて3人でやろうと決まりました!

チケット台本を80セットにしたのは?

正直、普通に売れると思ってました。
3人いるし40じゃインパクト弱いと思ってましたね!
そこの計算が私は出来ないんです(笑)
自分の見えてる世界だけで判断しちゃってました…
あの時の自分に何か言えるとしたら、
「お前は、何も見えてないから周りをよく見なさい!」
と言ってやりたい。

実は80セットでもやばいとか言っているのに100セットとか言ってましたね(笑えない)
もっと買おうと言われてたら120セットになってました!

自分としては確かにこのようなマルチまがいの商売も炎上する理由になると思いますが、失業している方が失業保険を使ってマルチまがいのビジネスで一発当てようという行動やビジネスの勝算をきちんと理解できていないというのも問題だと思っておりまして、この男性が結果が出なかったらか炎上というのは違うと思いますが皆さんはどう思われましたでしょうか?

映画「えんとつ町のプペル」のレビュー記事がサクラで炎上

お笑いコンビ「キングコング」西野晃郎(40歳)は、インターネットで炎上大騒ぎを巻き起こした映画「えんとつ町のプペル」の原作・脚本の製作総指揮者。

この映画は大成功を収め、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞も受賞しました。インターネットでは、毎日ブログやSNSを通じて多くの感想が明らかにされています。

しかし、評価の中には〝サクラ〟と判断できるようです。大手クラウドソーシングサービスの1つは、

  • 「現在上映中のえんとつ町のプペルの映画についての記事を作成!」
  • 「「えんとつ町のプペル」の感想を募集しています!」
  • 報酬目当てではなく、「プペルが面白かったから、ぜひみんなにシェアしたい」という気持ちをもった方向けのお仕事です」

というような感想記事を書く案件が複数掲載されているようです。

報酬は「1850文字以上で19円」という非常に厳しい条件となっており。クラウドソーシングサイトのシステム料金の20%が報酬から差し引かれるので、「プペル絶賛」の記事を作成した方が報酬で得られる金額はたったの15.2円になります。

この内容がSNSで広まった時、「1記事19円…涙が止まらない」「西野は本当に儲けるのが得意」「お金をもらってプペルの記事を書けるなんて神案件」などの声がたくさん上がりました。

確認してみますと炎上が原因なのか案件を取り消しされているようですね。それにしても22円って誰か書くんですかね?

クラウドワークスを見ると確かにレビューの案件がありました。また検索するとこれ以外にも出てきますが、リンクを踏むと削除されるようです。

シネマワーカーって映画サイトの運営者ですかね?

うん。確かに22円というかなり安い金額でレビューの仕事があったようです。

22円って誰が受けるんだろう・・・

【簡単3分:公開中映画の感想】『えんとつ町のプペル 』 の感想を募集しています!

仕事の詳細
「映画の感想」についてのアンケートです。

この度、

『えんとつ町のプペル 』
の感想を募集しています!!

ぜひ皆さまのご協力をお願いいたします!

上記の作品は承認率100%で受けさせていただきます。

あなたの熱量が伝わる感想をお待ちしています♪

平均的な評価、つまらないと思った作品でも
その理由などを書いて頂けると幸いです。

また、皆様にいただいたアンケートは後日Webサイトに掲載させていただきます。

その趣旨をご理解いただける人のみお答えください。

他の方が募集している「えんとつ町のプペル 」の感想などに答えたことがある人は
申し訳ありませんが、ご控えください。確認出来次第、非承認とさせて頂きます。

以下の行為はブロック対象になりますので気を付けてください。

【ブロック対象】

・個人的な感想が全く無い

・8割以上がコピーしてきた文章

・映画を観ていないと思われる感想

【簡単3分:公開中映画の感想】『えんとつ町のプペル 』 の感想を募集しています!【クラウドワークス】
【簡単3分:公開中映画の感想】『えんとつ町のプペル 』 の感想を募集しています!のお仕事詳細です。独立・フリーランスから副業、在宅ワーク、内職まであなたにぴったりの案件を探すことができます。未経験や初心者でもOK、高単価案件も見つかります。

この件については西野さんは自身のブログで回答をしていました。

・なんと、大手クラウドソーシングサービスが「えんとつ町のプペルの感想を募集しています」という感想記事作成の業務委託を複数掲載。
・その報酬は「1850文字以上の記事で19円」という厳しい条件!!

…といった感じです。
で、「これは何のことかな?」と思ったんです。感想記事の作成の依頼を、僕がするハズもないし、吉本興業がするハズもないし、TOHOさんがするハズもない。
 さすがに気になったので、大手クラウドソーシングサービスである「クラウドワークス」で検索してみたところ……『シネマワーカーさん』という(おそらく)映画レビューサイトさんが、公開中の映画の感想記事を募集していたんですね。同じ並びには、他には「ワンダーウーマン」とか「スターウィーズ」などがありました。
たしかに、一件20円ぐらいでした。

僕も今回知ったのですが、そういった映画レビューサイトがあって、「レビューを書く」というバイトがあるんですね。
それ自体は「へ〜」というところなのですが、今回のニュースというのは、そのレビューサイトの『 えんとつ町のプペル』だけを切り取って、「キンコン西野が金を払って、格安で記事を書かせている!」と読み取れてしまう内容です。
実際、僕のところに、非難がたくさん届いたんですね。
心の底から、「知らねえよ」なんです。

https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12656991864.html

心の底から、「知らねえよ」と言われていますが、西野さんはオンラインサロンや作家など先進的なビジネスを行っているので妬みもあるのかもしれません。

しかし「キングコング」西野さんは炎上も利用して商売をするやり手ですので映画「えんとつ町のプペル」はまだまだ話題になりそうですね。

コメント 記事に関するご意見・ご感想・ご質問などお気軽にどうぞ!※メールアドレスは非公開です